ブログトップ

人生山ありソバあり

2009年10月6日

d0156608_1862966.jpg
福井県といえばおろしそば!
やっぱりおろしそば食べたいなぁ~…でもやっぱりシンプルにもりそばも食べなきゃなぁ~…
と思いながらお店のメニューを見ると、一口におろしそばと言ってもこのおみせでは、ぶっかけ・おしぼり・おにおろし・ぬくおろし・磯おろし(どれも¥550)、と随分と種類が有るんですよ。
全部食べたい…と思いつつも、そんなに食べられる訳もないので、定番スタイルというぶっかけを頂く事に!
d0156608_18111050.jpg
やや細めで、角がしっかりと立った食感のとても良いそば!そばらしいコシがまた良いですね~!
そして辛み大根はやっぱり辛い~(笑)
本などの情報では、「辛み大根の辛さでそばの甘さが引き立つ…」という事だったのですが、個人的には辛さが強くてそばの味とかは良く分からない~という感じでした(笑)
でも辛美味しかったです!

…となんだかこれだけでは悔しいので、翌日再度伺ってしまいました(笑)
2009年10月7日

今回はシンプルにざる(¥700)です!
おろしそばよりざるの方が高いんですね~
d0156608_18293248.jpg

d0156608_18334989.jpg
やや細めのそばは、やっぱり角がカチッと立っていて、口当たりとのど越しが素晴らしいですね!
昨日は分からなかったそばの旨みも、口に入れると程なく広がります。
個人的にはかなり好きなそばですね!
つゆはやや辛口で、後味がなんとも個性的な感じがしました。

この日はさらにそばがき(¥550)を…
そばがきとしてはとても手頃な価格ですね!
d0156608_1843621.jpg
はしでつかめるかどうかの絶妙な柔らかさがとてもいいですね!
ダイレクトに味わうそばの味、そばがきの醍醐味ですね!
美味い!このくらいの絶妙なそばがき…自分でも目指したいですね

インターネットで改めて調べると、最近越前市に移転した様です。
ぜひまた行きたいですね!そしておろしそばを制覇したいですねぇ~(笑)
[PR]
by d_marukiti | 2010-10-28 18:47 | Comments(0)

2009年10月3日

山形県内でもかなり有名なようでぜひ行ってみたかったお店。同年7月に一度行った時は「もう終わりました~」とちょうど閉店時間…(T_T)
せっかくわざわざ北海道から来たのに~
って訳で今度はリベンジで開店時間の11時きっかりをねらって行きました(笑)
d0156608_18372995.jpg
茅葺屋根と窓に掛る簾が印象的なまさに夏を旨としたような古民家。
そばへの期待も膨らみます!
玄関を上がって広間が客席。朝一なのに既にお客さんが結構入っていて、その後もぽつぽつと客が絶えない様子。私もすぐに相席になりました。(早く行っておいて良かった~…)
普通盛り(うす毛利)、大盛(むかし毛利)、煮物とのセットというメニュー構成。
その後も食べ歩く予定だったので、うす毛利(¥800)を注文!(周りのお客さんはセットを頼む人が多くて、横目に見るニシンの味噌煮がとても美味しそうでした…、かなり後悔…笑)
d0156608_18592210.jpg
突き出しで出る漬物。
d0156608_18594225.jpg
山形はやっぱり板そば!
うす毛利でもボリュームは満点ですね。調子に乗ってむかし毛利にしなくて良かった(笑)
d0156608_190336.jpg
太めのまさに田舎そば。思ったほど固くなく程よいコシだと思いました。
あっさりした薄めのつゆをたっぷりつけていただきます。
しっかり噛めば噛むほど田舎そばらしいそばの旨みが口に広がります。

田舎そばもやっぱり捨てがたいですね~
[PR]
by d_marukiti | 2010-10-21 19:52 | Comments(0)

言い訳?

久々の丸吉情報~!!!(ってたいした内容ではないのですが…)
お店のメニューブックの片隅にこんな文章を付けてみました。
d0156608_17134013.jpg

内容は、
”当店の「冷たいそば」と「温かいそば」は、最適な状態でお客様に提供するため、茹で時間を変えて別々に茹で上げています。
そのためご一緒に注文頂いた場合でも、お出しする時間が若干ずれてしまう事がございます。なにとぞご容赦ください。”
というもの…
要は言い訳です(笑)

このような茹で分けをしているお店もしていないお店も、どちらも沢山有ると思いますし、それぞれの考え方でやられて良いのかと思いますが、うちのお店では「冷たいそば」と「温かいそば」それぞれに見合った茹で加減にこだわり、茹で分けをしています。

ただこれをやると、注文内容によってはほぼ同時に出せる事も有りますが、大抵「冷たいそば」と「温かいそば」は時間差で出させて頂くことになります。

やっぱりお客様には揃って食べて頂きたいので、少しでも間を空けないようスタッフ一同最大限の努力をしているつもりですが、どうしても時間差が出来てしまう部分に少しでもご理解いただければなぁ~という思いなのです…。

ただ気づいてくれる人がどのくらい居るでしょうか…(笑)
[PR]
by d_marukiti | 2010-10-14 19:07 | Comments(4)